お気に入り

カート

ログイン

検索

メニュー

閉じる

みかんを長持ちさせるには?箱買いみかんを美味しく食べよう!

みかんを長持ちさせるには?箱買いみかんを美味しく食べよう!


箱買いみかんを最後まで美味しく食べたい

寒い季節になると無性にみかんが食べたくなる瞬間があります。箱でみかんをたくさん買っておけば、みかんを食べたい衝動に駆られた時にすぐにみかんを食べることができます。しかし、箱を開けてびっくり、カビだらけになっていた!という悲しい体験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな悲劇を起こさないために、みかんを長持ちさせる方法をご紹介します。正しく保存すれば、早生みかんで2週間程度、青島みかんで一ヵ月程度はもたせることができます。



みかんの保存期間の目安

みかんは生ものです。そのため、ご家庭で長期間保管するのには向いていません。ただし、適切に保管すれば、鮮度を保ったままで一定期間みかんを楽しむことができます。

冬場は常温で3週間

冬場は、常温で約3週間の保存が可能です。保存場所は暖房の効いていない玄関や廊下などの冷暗所を選びましょう。

通気性のよいカゴ(カゴがない場合は段ボール箱でも可)に新聞紙を敷き、みかんを並べます。1段並べ終わったら再び新聞紙を敷き、みかんをもう1段重ねます。上から新聞紙をかけて終了です。新聞紙の代わりにペーパータオルでも同様の方法で保存できます。

ポイント

  • みかんはヘタから呼吸しているため、ヘタを下にして並べます。ヘタからの水分の蒸散を防ぐことができ、皮が萎びにくくなります。
  • 上のみかんの重みによって皮が裂けると腐りやすくなるため、みかんを重ねるのは2段までにします。

冬以外は野菜室で2週間

みかんは、野菜室でも2週間の保存が可能です。冬以外の温かい季節や、温度を低く保てる場所がない場合に活用しましょう。ただし、野菜室内は乾燥しやすいため、1個ずつペーパータオルにくるんでから数個まとめてビニール袋に入れるようにします。

このときも、ヘタが下になるように入れると長持ちします。



みかんの楽しみ方は大きく2つ

みかんを楽しむ方法としては、みかんを適切に保管して、長く生のまま食べられるようにするやり方と、料理やお菓子に活用するやり方があります。まず、みかんを適切に保管して長持ちさせる方法についてご紹介します。

方針1:みかんを長持ちさせて、そのまま楽しむ

みかんを適切な温度で管理して、生の果実を楽しみましょう。

1. 痛みかけ、カビかけのみかんがないか点検する

傷があったり、皮が浮いていたりと腐りやすそうなみかんは箱詰めされる前に取り除かれますが、配送の途中で温度が上がったり、揺れたときに傷ついたりして、腐ってしまう可能性も無いとは言えません。みかんを買ったらすぐに箱を開け、すでに腐ってしまっているみかんがないか確認しましょう。

万が一、腐ったり皮がブヨブヨになっていたりするみかんがあったら、そのみかんは残念ですが処分しましょう。また、その周りの無事だったみかんは、皮をしっかりと洗って早めに食べるようにしましょう。

箱を開けたときには腐っていない場合にも、傷がついているみかんは要注意です。傷がついている皮は健康な部分に比べて傷むのが早いため、こちらも優先して食べましょう。

2. 5~10℃の低温環境下に保管する

みかんは、5~10℃で最も品質が落ちにくいと言われています。保管場所の温度が上がると、細菌やカビが発生しやすくなるため、できるだけ涼しく風通しの良い場所に置くようにしましょう。

常温で保存できる場所がない場合には、前述のように野菜室を活用するとよいでしょう。

もしもリビングや台所などにみかんを置く場合は、1日で食べきれる量にしておきましょう。カゴやザルに入れておくと通気性が良く、視覚的にも美しく保存することができます。



三ヶ日町の貯蔵庫では、長いものだと3ヶ月以上もみかんを貯蔵することができます。三ヶ日みかんの貯蔵技術に関心がある方は、こちらの記事をご覧ください。

伝統の「貯蔵みかん」にこだわり ベテランみかん農家・高橋誠さんに直撃! 三ヶ日インタビュー企画第1弾
thumbnail
三ヶ日の中でもみかん作りが盛んな只木地区にて、約4.5haの畑で2,000本ほどのみかんを育てる高橋誠(たかはし まこと)さん。貯蔵みかんに強いこだわりを持ち、常に挑戦する心で新たな品種の栽培にも積極的に取り組んでいます。
https://mikkabimikan.jp/blog/11


3. ヘタを下にして並べる

みかんはヘタから呼吸と蒸散をおこなっているため、ヘタを上にして並べると、ヘタの切り口から雑菌が入ったり、水分が蒸発したりします。ヘタを下にすることで、雑菌の侵入を抑制する効果や、乾燥を防ぐ効果が得られます。

瑞々しいみかんを長く楽しみたい場合には、ヘタを下にして並べ直す人手間を加えるだけで、グッとみかんが長持ちするようになります。

方針2:箱買いみかんを大量消費!活用レシピ3選

箱で買った大量のみかんを生では食べ切れない、という場合には、料理やお菓子に活用しましょう。ペクチンをはじめとする一部の栄養素は、熱を通すことによって効能が高まるほか、加熱すると糖度が高くなることも知られています。

1. ジュースにする

みかんを家庭で加工する方法の中で、最も単純なものは「絞ってジュースにする」ことです。一度絞ってしまえばそのあとは皮を剥く必要もありません。冷蔵庫で保存しておけば、それほど腐敗の心配をせずにゆっくりと飲むことができます。

さらに、フレッシュジュースの場合は加熱しないため、熱で性質が変化しやすいビタミンCやタンパク質などの栄養素も、効能を変化させずに摂取することができます。焼酎やウィスキーで割ってカクテルにしたり、凍らせてシャーベットにしても楽しめます。

2. ジャムにする

みかんを一度にたくさん消費でき、かつ保存性も高めることができるレシピとして、みかんジャムがあります。少ない材料で簡単に作ることができる手作りジャムは、市販のジャムと比べて鮮度が高く、素材の味をより豊かに楽しむことができます。

それでは、さっそく作っていきましょう。

材料

  • みかん・・・使いたいだけ
  • 砂糖・・・皮を剥いたみかんの重量の30〜40%
  • レモン汁・・・お好みで、みかん300gにつき小さじ一杯程度

作り方

  1. みかんは皮を剥き、白い綿状の部分(アルベド)を剥がしておきます。温州みかんには基本的に種は入っていませんが、種がある品種を使う場合は果実を横に切って種を取り出します。
  2. 果実をミキサーにかけ、薄皮を取り除きます。食感に影響するため、薄皮は丁寧に取り除きましょう。
  3. ミキサーにかけたみかんを鍋に注ぎ、砂糖を投入します。沸騰するまで中火で煮込み、沸騰したら弱火にします。この間、焦げ付かないように耐熱性のヘラでかき混ぜ続けます。酸味が弱いみかんを使う場合は、とろみがつかない可能性があるためレモン汁を加えましょう。レモン汁には、味を引き締める効果もあります。
  4. アクが出てきたら細目に取り除きましょう。
  5. 十分にとろみがついたら火を止めて、清潔なビンに詰めます。蓋のすぐ下まで注ぎ、すぐに蓋を閉め、下向きで静置して殺菌します。
  6. 6.ビンの温度が室温まで下がったら、冷蔵庫で保管しましょう。


保存料は入っていないため、できるだけ早めに食べきりましょう。パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたりと、市販のジャムと同じように使えます。

果実だけをジャムに使用する場合には、残った皮はマーマレードやピールにするのがおすすめです。マーマレードの場合は薄く切って砂糖で煮詰めます。ピールの場合は、やや太めに切って同じく砂糖で煮詰めた後、天板などで乾燥させます。皮の香り高い風味と微かな苦みが大人の味を演出してくれます。

3. 冷凍ミカンにする

小学校の給食でお馴染みの冷凍みかんは、ご家庭の冷凍庫でも作ることができます。冷凍みかんを作るときのポイントは、「乾燥させないこと」です。冷凍庫の中の空気は非常に乾燥しているため、注意しないとみかんがしなびてしまいます。

みかんは、皮を剥いたら白い綿の部分(アルベド)をできるだけ取り除いておきます。房を分けない場合はまるごと、分ける場合は1房ごとにラップで包み、冷凍庫で保管します。ラップに包んだうえでジップロックなどに入れると、乾燥を防ぐことができます。



一年中みかんを楽しめる!三ヶ日みかんの加工品

JAみっかびでは、旬のみかんを活用した加工品を取り揃えています。
三ヶ日みかんの代表品種・青島みかんをたっぷり5個分使用した無添加ストレートジュース「あおしまみかんジュース」や、果汁と果実が両方とも味わえる「青島みかんゼリー(果肉入り)」など、1年を通して三ヶ日みかんを堪能できます。

ご自宅用はもちろん、お歳暮やお中元などのギフトとしても最適です。ぜひ一度、気になる商品をチェックしてみてください。

”三ヶ日みかん” は思いやり溢れる優れもの!ジュースやゼリーはギフトに大人気!
thumbnail
三ヶ日みかんは、そのまま食べて美味しいのはもちろん、ジュースやゼリーなどの加工品も充実しています。今回の記事では、JAみっかびで販売しているオリジナル商品をご紹介します。
https://mikkabimikan.jp/blog/14


一覧へ